上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カブ系エンジン特有の
 
自動遠心クラッチ常時噛み合い式4速リターン
 
スクーターから乗り換えたオイラにはとても新鮮でした。
 
 

クラッチのあるバイクのような、スクーターのような・・・・?

ギアチェンジの楽しさはあるけれどクラッチ操作の煩わしさは無く
 
片手で運転できる楽チンさ!

セミオートマとでも言うか両方の良いとこ取りですね!
 
 
しかも、燃費平均53km/L

アドレスV100は30km/L位だったので驚きでした!
 
 
そして、整備性の良さ
 
バイクやメカに疎いオイラでもタイヤ交換・チェーンやスプロケ交換

オイル交換、ブレーキフルード交換などなど基本整備は

パーツリストや整備書・ネットなどを参考にすれば出来てしまいます。

もちろん自分でやるから工賃は”タダ”だし、
 
パーツ代も安いので維持費が安い!
 
 
非の打ち所のない「WAVE」でしたが、

一つだけ不満点が・・・・・

 
それは、・・・・・・・
 
 
 
「積載性」
 
 

 
 
タンデムシートのおかげでライディングポジションがゆったりとしていて

乗りやすいのですが、リアキャリアが無く、リアボックスなどが付けられません。

なので、大きな荷物を積むときはシートに括り付けることになります。

膝と膝の間にタンクがあるバイクならそれでも良いんだけど、

WAVEの給油口はシートの下

当然ガソリンを入れるときにそれら荷物を降ろさなければならない。

BOXを工夫して付けても給油のときは降ろさなければならない・・・・。

なんとも面倒だ~
 
と言うことで、行き着くところは
 

積載性に優れた
 
本家本元の「スーパーカブ」になるわけです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。