いよいよ明日から3連休の方も多いかと思います。
台風が心配ですがツーリングやメンテナンスには
まとまった休みは良いですよね~
(オイラは家族の予定のお供です・・・グスン)
 
メンテナンスと言えば、
みなさんはメンテで油まみれになった手を何で洗っていますか?
オイラは洗面所にある洗濯用洗剤とブラシでゴシゴシ洗っていました。
 
ところが先日、
モノタロウで買った「工業用ハンドクリーナー」を使ってビックリ!

 
頑固な油汚れも良く落ちるし、手のシワに入った汚れも
”スクラブ粒子”ってのがきれいに落としてくれます。
そして、洗濯洗剤では手荒れをしてしまうんですが
コレだと手荒れをしないんです!
いや~もう、ビックリです。

モノタロウ
「工業用ハンドクリーナー(アロエエキス配合)」
  本体  1.4kg ¥988
  詰替用 1.2kg ¥498

「工業用ハンドクリーナー」
  本体  1.4kg ¥898
  詰替用 1.2kg ¥398

オイラは「詰替用」を買って、
「100均のプッシュボトル」に入れて使っています。

 
 
送料無料になる¥3000まであと少しのときや
モノタロウの日に買うと割引きになったりするので
何かのついでに購入すると良いかも知れません。

みなさんも お試しあれ!
いや~最近は涼しくなりましたね~
 
いよいよ
 ツーリングに!
 キャンプに!
 メンテナンスに!
絶好の季節到来って感じです!
 
先日、ブロ友さんからツーリングのお誘いを頂いたのですが
9月の土日は仕事やら家族サービス・子どもの送迎などで
全て埋まっていて残念ながらお断りしてしまいました。
また次回お声がけくださいm(_ _)m
 
でもツーリングには行きたい!
ってな訳で昨日は休日出勤の代休だったので一人でツーリングに行って来ました。
ミッションは3つ!
 1.「喫茶&パフェ のんのん」で、パフェを食べるぞ~!
 2.「めがね橋」で、写真とるぞ~!
 3.「永井食堂」で、もつ煮買うぞ~!
 
朝いつも出勤している時間に自宅を出発
ゴトウ日とあって車の量が多いように感じます(汗)
所々で通勤渋滞に巻き込まれ、かなりの時間ロス
(ルート選択に失敗しました!)
 
R17からR18の入り、
横川の「おぎのや」さんが見えてきました。
しかし、この後のミッションのために釜飯は買わずに通過
そして、碓氷峠へ・・・・
ここで、バイパス方面に行ってしまい、途中で気づきUターン
「旧道」に向かいます
旧道は碓氷峠まで大小184個のカーブが連続しており

 

きっと「血が騒ぐぜッ!」って人もいるのではないでしょうか?
昨日は朝まで降っていた?雨のせいで路面はウエット!
ビビリなオイラはあまりスピードを出さずのんびりワインディング走行
平日で他の車やバイクが居なくてマイペースで楽しめました!
 
坂本ダム(碓氷湖)に寄って

 
 
最初のミッション「めがね橋」に到着
1894年に造られ
100年以上も風雪に耐え
歴史の重さが感じられます
自然の一部と化した国の重要文化財
何とも良いですね~
カブとともに写真をパチリッ!


センスがないので構図がイマイチ

碓氷峠を抜けるとスッキリと晴れています!
ミニスカート姿の若い子を横目に軽井沢を通り過ぎ
御代田駅を目標に・・・・
自宅から5時間、
ようやく本日最重要ミッション
「喫茶&パフェ のんのん」に到着
  長野県北佐久郡御代田町御代田2422-33
  0267-32-5544
 
このお店は
 ★0才~10才未満
 ★6名様以上団体様
 ★飲食類の持ち込み
 ★大声、バカさわぎの方
入店不可となっています。
 
どんな偏屈オヤジがやっているのかな~と店内に入ると
やや薄暗く、アンティークが彼方此方にあるとても落ち着いた
「いい雰囲気のお店」です。
店内は
 入り口のフロアーに二人掛けの丸テーブルと5人位のカウンター
 ロフトスペースに丸テーブルが1~2個?(未確認)
 ロフトの下の半地下に6人位座れるスペース
があるだけの小さなお店です。
 
お店を切り盛りしているのは「偏屈オヤジ」ではなく
「美人ママ」でした(実年齢以上にスゴクお若い!)
 
早速、季節限定の
「生メロンパフェ(小)」¥1180
をオーダー
 
暫くして現れたのがコレ!
 
  スイー
 
  ツー
 
  ワン
 
  ゼロ
 

 
 
見てから後悔しました(T T)

写真では分かりづらいですが
カウンターからパフェの頂上まで30cm近くあります。
ファミレスにあるような細長いグラスではありません!
直径が15cmくらいありそうです。
メロンを入れたら20cm超かな?
 
丸テーブルに座っていた上品なマダムも
 「うわ~~ぁ~ぁ」
と、似つかわしくない声を上げて驚嘆!
美人ママも
 「うふふ」と、してやったりの微笑み

これで、小ですよ! 普通サイズ!
じぇじぇじぇじぇじぇ! です!
何度も言いますが本当に後悔しました・・・・トホホ
オーダーしてしまったので仕方ないです。
(意)を決してチャレンジ!
 てんこ盛りの生クリームを食べつつ
 大玉メロンが半身と
 グレープフルーツが1切れ
 するとストロベリーアイスが出てきて
 食べ終わったかと思ったら
 今度はバニラアイス&プリン
 さらにその下にはフレークと刻んだバナナ1/2本位が
待ちかまえていました。
 
このミッションのために朝からバナナ1本しか食べて来なかったんですが
最後の方は涙目になってしまいました(TT)
 
食べながら丸テーブルのマダムとママの三人で
 お店の歴史
 若さの秘訣
 ママの秘密?
 メニュー誕生の秘話
 アンティークの話
などなど・・・・・
苦しくも楽しく完食できました。
 
中年オヤジの胃にはとても辛かったんですが
なんと『巨大パフェ』をオーダーする方も多いとか・・・
 早い人は20分も掛からず完食とか
 最高齢で80代の方も完食したとか
恐るべし”日本人の胃袋”ですね!

胃袋に自信のある方は是非チャレンジしてみてください。

お腹を満たしたところで次の「ミッション」へ
 

 
 R146で浅間山の麓を軽快に走り
 R145で吾妻渓谷を眺めながら
 R353、R17を通り
 
最後のミッション「永井食堂」に到着
 

 
ウチのカミさんの特命を受け「もつっ子」¥1070を2個購入
持参のクーラーバッグに入れ後は帰るのみ
R17から桐生方面へ行きバイパス経由で帰宅
夕食にも間に合い本日のミッションは全てクリアー
 
 走行距離 356km
 出動時間 12時間20分
 平均燃費 69.91km/l
 
10時間近くカブに乗ってたかな?
尻は痛くなるし
頭は痒くなるし

次は近場をのんびり行きましょう!
 

配線・取付編
 
一般的にLEDの電流制御は抵抗やCRDを基盤にハンダ付けして
回路を作成しますよね!
しかし、
 ●インジケーターを出来るだけコンパクト&薄型に!
 ●防水性を高める!
 ●失敗してもノーマルに戻せる ←コレ大事!
これらのため、CRDと整流ダイオードは基盤ではなく
各配線の途中に割り込ませてあります。
 
また普通、LEDの
 
  プラス(+)側 = 抵抗orCRD
 マイナス(-)側 = 逆流防止のための整流ダイオード
を入れますが、今回は

マイナス(-)側がチェンジスイッチの各ポジション
になっているために
 
  プラス(+)側 = 並列にし整流ダイオード
 マイナス(-)側 = CRD
 
 
をそれぞれ割り込ませています。
整流ダイオードとCRDは方向性があるので向きに注意して
インジケーター側配線途中にハンダ付け
熱収縮チューブにて保護してあります。
 

 
給電は他の電装品を追加してあるので
リレーを使い別回路とし、バッテリー上がり防止のため
キースイッチONのときだけ電流が流れるように組んであります。
 
リレースイッチはハンドルカバー内の
フロントブレーキスイッチのギボシを分岐してありますが、
他の方のブログによるとバッテリー近くのカプラーに
キーON時のみに通電する端子があるようです。
(配線図の貼り付けがうまくできません。後でチャレンジしてみます)
 
 
取付は
①インジケーターは風防取付ボルトで挟み

 

 
 
②アクセルワイヤーの穴を通してハンドル内に

 
 
③リレーはレッグカバー内にインシュロック留め

 
④あとはチェンジスイッチ側のギボシと繋ぐだけ!
 
以上で完成で~す!
 
こういう物を作るときって
 「どんな形にしようか?」
 「どこをどうしようか?」
などアレコレ悩んでいるときが楽しいですね!
そして、イメージ通りに完成したときは喜びもひとしおです!
 
一応、お約束ですが・・・・
 
電気系統はバイクや車の要です。
配線の間違いや接触不良等により
車両本体に対し深刻なダメージを与えることがあります。
電装系に手を加える場合などの改造は
 
あくまでも「自己責任」
 
で行ってください。
当ブログを参考にされ、事故や故障、不具合が生じても
当方は一切関知せず、賠償その他の責めは負いません。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
 
 
 
インジケーター編
 
当ブログを参考に自作される場合
あくまでも自己責任において行ってください。
故障・不具合など当方は一切関知いたしません。
よろしくお願いいたしますm(__)m
 
ちょうど作成している同時期に
  いーじゃんさん http://totti-10.jugem.jp/?eid=371
  カメテツさん http://cametetsu.exblog.jp/18396073/
が「7セグ」を使用して作成しています。
お二人方の方法の方が”数字で表示”されますので見やすいですね~。
 
しかし、数字で表示をするための複雑な回路を組まなければならないので
頭の悪いオイラは「フラットFluxLED」「低電流ダイオード(CRD)」
で簡単に作りました。
ただ、そのままでは防水性がなく雨天時にショートする危険性があるので
防水処理については無い頭を使いました(笑)
 
では、作成方法を・・・・
①基盤のカット、ヤスリ掛け(出来るだけ周りの凸凹をなくしました))
②防水性を高めるために基盤の余計な穴はパテ埋めします。
③LEDの足の部分のみ穴を空け、リフレクター代わりに銀色に塗装

 
 
④LEDはそのままでは足の部分にストッパーがあるのでニッパでカット

 
⑤足の部分から水が進入してこないようにウレタン系のボンドを
 足の周りに付けて基盤に差し込みます。
⑥各足をハンダ付け、各LEDのプラス(+)側を並列配線し、
 黄色のリード線をハンダ付け
⑦各LEDのマイナス(-)側にそれぞれリード線をハンダ付け
 合計5本のリード線を取り付けます。
⑧アルミのL字材を写真のように加工

 

 
 
⑨作成したLEDユニットをウレタン系ボンドで接着
 

 
 
これで、チェンジスイッチ加工とインジケーター作成が完了
あとは配線だけです!
 
 
 
チェンジスイッチ編
 
まず、シフトポジションインジケーター作成にあたり
次のブログを参考にさせて頂きました。
(勝手にリンク貼らせて頂いています。 ご迷惑でしたらご一報ください)
 
 

とても参考になり「これなら作れる!」と
作成に踏み切ることが出来ました。
この場をお借りしてお礼を申し上げますm(_ _)m
 
また、当ブログを参考に自作する場合
あくまでも自己責任において行ってください。
故障・不具合など当方は一切関知いたしません。
よろしくお願いいたしますm(__)m
 
 
 
それでは、作成方法を・・・・
ドライブスプロケットカバーを外すと
ニュートラルスイッチ(チェンジスイッチ)が出てきます。

 
 
コレをカプラの接続とボルトを外して取り外します。
すると、シフトドラムの中のスイッチキャップが見えます。

 
☆ギヤチェンジをするとこのスイッチキャップが移動して
 接点から現在のポジションが分かるようになっています。
  コレを見つけた人はエライ!
 
☆そして、ニュートラルスイッチにもちゃんと各ポジションの
 接点まであ~るじゃありませんか!
  コレを見つけた人もエライ!
 

 
 
 
現行の角目カブ(JA10)には配線まで付いています。
(画像拝借しています m(_ _)m )
赤い矢印の先 リード線が何本かありますネ!
 

 
 
品番は忘れましたが、JA10の物が適合するなら
パーツを購入して流用しても良いかも知れません。
ただし、金額が約¥6,000とかなり高めですが・・・・。
(配線1本につき¥1,000以上也)
 
なので、貧乏なオイラは失敗したとき用に
JA07のパーツを購入して自作しました。
 
  品名:CONTACT ASSY,CHANGE SW  
  品番:35759-KWV-003
  金額:¥890(税別)
 

 
ニュートラルスイッチの接点のどの位置が何速かを確認して
スイッチ本体をミニルーターでホジホジします。
1速のところはニュートラル線が被っていて
斜めに掘らなくてはいけないので少々面倒です
すると接点の裏側が出てきますので、
凹型のところまで綺麗に掘削していきます。
 

 
 
そして、リード線をしっかりハンダ付け
その後掘った穴をシリコン系ボンドで接着&コーキング
(2液性パテ、プラリペア等でも良いかも知れません)
 


リード線は色分けしておくと後々の作業に便利です。
念のため接点とリード線先端をテスターにて導通確認
 
以上で Vol.1チェンジスイッチ加工は終了
 
次回はインジケーター作成です!
 
 
たまには「カブ」ネタを!
 
WAVE110Sからカブ110に乗り換えて
「シフトポジションインジケーター」が無いのがとても不便でした。
 
信号待ちでスタートしようとしたら何速かわからず
慌ててギヤをガチャガチャ
後の車の痛い視線が突き刺さりました。
 
また、快調に走っているとき
つい「幻の5速」に入れようとギヤを踏んでしまうこともしばしば・・・・・。
 
で、シフトポジションインジケーターを作成しました。
 
7セグを使って数字で表示している方もいらっしゃいますが
オイラは”光り物”好きなので
「フラットFluxLED」で作成

 
 
1速 = 赤

 
2速 = 黄

 
3速 = 緑

 
4速 = 青

 
とても便利です!
 
「教習車みたい!」と言わないでね(笑)
 
詳しい作り方は後ほど・・・・。
 

                                                 http://bike.blogmura.com/cub/