SPI普及活動!
シフトポジションインジケーター(10号)を
IMG_5975_R.jpg

クロスカブに取り付け

今回は事前にオーナーさんにレッグカバー、サイドカバーを
外しておいて頂いたので、中継カプラーとインジケータの取付だけ

基本的に
万が一のトラブルのときにはノーマル状態に戻せるように
車両側には加工を施しません。

事前準備
中継カプラー作成
DAYTONA №33533  110型 9極カプラー ¥600
IMG_5970_R2.jpg

参考までに使用したコードの配線色とシフト位置
(配線色はお好みで!)
1速=赤黒
2速=黄
3速=白
4速=白青

左サイドカバーを外すとスイングアーム上に白い9Pカプラーがあります
IMG_6004_R2.jpg

コレを外して中継カプラーを割り込ませ
IMG_6005_R2.jpg

IMG_6006-2_R2.jpg

インジケーターの1速~4速の配線を接続
IMG_6010_R2.jpg

ACC電源はサービスチェックカプラーからは取りません!
といいますか、サービスチェックカプラーからは取らない方が良いです。
(理由は後日説明します)

クロスカブやJA10プロではメーター内にある
「フロントブレーキスイッチのギボシ」

スピードメータケーブルを外し、メーター本体、メーターカバーを外します
黒いビニールカバー内に「黒線」のギボシがあります。
IMG_6001_R2.jpg

IMG_6008_R2.jpg

判らない方はフロントブレーキから
ブレーキスイッチワイヤーを辿ると見つかると思います

このギボシはJA07では純正グリップヒーター取り付けの説明書にも書いてあります。
ACC取りの場所としては、いわば「メーカー推奨箇所」です。
「リレーを使ったバッ直」のときにリレースイッチ(青線)に接続しても便利です

キーOFF、キーON時で電圧を測定
バッチリ  キーONで電流が流れています
IMG_6003_R2.jpg

このギボシを分岐して
IMG_6007_R2.jpg

ブレーキスイッチとインジケーターのギボシを接続して
ビニールカバー内に戻します
IMG_6009_R2.jpg

インジケーター本体は
メーターとメーターカバーの間にちょうど良い隙間があったので
両面テープで止めて固定
(スミマセンm(__)m 写真撮り忘れました!)

あとは配線をインシュロックで止めながら
スロットルワイヤーなどに這わせて取り回して終了

1速
IMG_6019_R2.jpg

2速
IMG_6018_R2.jpg

3速
IMG_6017_R2.jpg

4速
IMG_6016_R2.jpg

メター内に収まっているので昼間の視認性も良く、夜間でも眩しくありません。
すっきり収まり配線の接続も簡単
クロスカブやJA10プロにはバッチリです(^_^)b

今回はじめてクロスカブの配線関係を見ましたが
とても判りやすく「電装品の架装がし易い」と感じました。

クロスカブ、JA10プロ、JA07プロ良いですね~(^_^)v


備忘録
作業時間  約80分(各所カウル脱着時間を除く)
        
        ※クロスカブ初回だったため、「フロントブレーキスイッチのギボシ」の捜索・確認
         インジケータ取付場所検討に少し時間が掛かりました。
         取り付け作業自体は60分ほどで出来ると思います。
5月に頂いた”禁断の毒きのこ”

『BRDスーパーエアーBOX』


装着から早4ヶ月
6,500km程走行しました(^_^)v

あまり衰えを感じてはいないんですが
スーパーエアーBOXを取り付けている方は
だいたい「10,000kmくらい」で交換されているようです。

お譲り頂く前の走行距離が判らないので
ちょっと早めに交換

ネット情報によると、スーパーエアーBOXのフィルターは
『DAYTONAスーパーパワーフィルター』
を加工して装着しているこのこと

で、いつものモノタロウさんで購入

交換作業
(いつものことですが、作業に夢中になり写真を撮り忘れました(^^ゞ )
 ①レッグカバーを外して
 ②エアーBOXのカバーを外して
 ③ホースバンドを緩めて
 ④パワーフィルターを外します
IMG_5994_R.jpg
 
エアーフィルターはそんなに汚れてなさそうです
(予備パーツとして保管)

BRDさんのパワーフィルターは
BOXに干渉する部分を削ってあります
IMG_5996_R.jpg

IMG_5995_R.jpg

なので、市販品も同じように
①削られている部分をトレースして
②ノギスで厚さを測りながら
③グラインダーで削りました

IMG_5997_R.jpg

④BOXとの隙間埋め用の「隙間テープ」を貼って
⑤本体に取付
取付のときはBOXを止めているボルトを外した方が
BOXがフリーになって装着し易かったです。

取り外しと逆順でBOXとレッグカバーを取り付けて完了!

なんかね~
ヒュ~ヒュ~ といか
シュワシュワ~ って
元気良く吸っている感じです(^_^)v

走りが

”元気モリモリ”

って感じになりました!

「20代のダッシュ!」って感じかな~

アクセル開度に合わせてレスポンスが良くなりました。
衰えていないようで、
やっぱり走行距離とともに衰えていたんですね~
(オイラの身体は目に見えて衰えておりますが・・・・・)

オイラも20代の身体に戻れたら・・・・・

ちゃんちゃん!


備忘録
作業内容 パワーフィルター加工・取り付け
作業時間 約1.5時間
       取り外し(30分)
       加工(30分)
       取り付け(30分)
費用    DAYTONAスーパーパワーフィルター
       排ガス対応タイプ 90°Lタイプ
         ¥2,300(モノタロウ・税込)
リアタイヤをサイズアップ(2.50→80/90)したお陰で

加速がダメダメ


2.50サイズのときは普通に登っていた陸橋も
サイズアップしてからは
登りはじめに50キロ出ていないと
徐々にスピードが落ち
頂上手前でシフトダウンしないと登り切れなくなりました…>_<…

人間で言うと
オイラと同じ50代オヤジの”ダッシュ”のような感じ!
気持ちは頑張っているけど身体がついていけてない(>_<)ゞ

そこで、スプロケット
ドライブ(F) &ドリブン(R)の両方を交換

IMG_5979_R.jpg

ドリブン(R)の
締め付けトルク  32 N・m 

今までは
 F15
 R34
 ギヤ比=2.266
でした。

因みにノーマルは
 F14
 R34
 ギヤ比=2.428

それを今度は
 F14
 R33
 ギヤ比=2.357

に変えました!

すると・・・・・。
なんと言うことでしょう?

今までの
「オヤジの”ダッシュ”」
だった加速が

元気ハツラツ
「30代の”ダッシュ”」に!


坂道もグイグイ登っていきます\(^O^)/

タイヤサイズアップで「安心感」
スプロケ交換で「元気ハツラツ」

毎日の通勤が楽しくなりました(^_^)v
早くツーリングに行きたいですね~(^^)

10月上旬まで土日は家事&家用
シークレットしかないな~(^_-)

ちゃんちゃん

備忘録
作業内容 F&Rスプロケ交換、
       スプロケ周り&カバー清掃・注油、
       チェーンカバー清掃、
       チェーン清掃・注油
作業時間 約2時間
費用    Fスプロケ 14T KITACO(530-1010214) 
         ¥985(モノタロウ・10%引き後税込)
       Rスプロケ 33T KITACO(535-1424033) 
         ¥1944(ライコランド・税込)

IMG_5984_R.jpg

IMG_5986_R.jpg
SPI普及活動です!

相変わらずのつまらない内容なので
興味の無い方はスルーしてくださいm(__)m

9号(マサタケさんバージョン)&JA07用チェンジスイッチ加工
IMG_5945_R.jpg

 赤黄緑青 
 1/4W・2kΩ
 LED先端ヤスリ掛け(光拡散のため)

10号(フラットFluxLED)&JA10用中継カプラー
 赤黄緑青 
 1/4W・2kΩ

11号(フラットFluxLED)
 赤黄緑青 
 1/4W・2kΩ


防水テスト
マサタケさんバージョンはヘッドライト裏に取付け
直接雨には当たらないため非防水仕様

フラットFluxLEDバージョンは雨に晒されるので
シリコン系ボンドで防水加工を施しています。
今回その防水加工のテストを実施してみました(^^)

方法
 ①ビーカーに水を入れ
IMG_5955_R.jpg


 ②インジケーターを水没
IMG_5958_R.jpg


 ③電源を入れ、点灯=5分間
IMG_5960_R.jpg


 ④続いて水の中でグルグル回す
  (豪雨の水圧をイメージ)=約1分
IMG_5962_R.jpg


 ⑤水から引き上げそのまま点灯3分
IMG_5963_R.jpg

なんか、「理科の実験」みたいですね(^^)

約9分のテストの結果

点灯不良なし!

めでたし、めでたし!

きっと、10分後には壊れます(^^)
タイヤサイズを80/90(約2.75インチ)にUPしたものの
チューブは「2.25/2.50-17用」のまま

いつも「1人乗車と2人乗車の間くらいの空気圧」にしているので
太いタイヤの中で膨らむとゴムが薄くなるような気がします(^^ゞ

パンクしやすくなりそうなので、適正サイズのチューブに交換です。

地元のライコで探すと
「2.75・3.00-17」が¥2000以上も・・・・\(◎o◎)/ゲッ

モノタロウで
「2.50・70/100・80/90-17」がありました
(このサイズならタイヤを2.50に戻してもOKですね(^_^)v )
IMG_5886_R.jpg


お値段¥1120
おおおぉぉぉ~半額ですよ半額!
(しかし、2.25/2.50-17の値段(¥600)に比べると2倍近いです)

そうそう、モノタロウといえば、
最近TVのCM流れていますね!

「揃った物から発送」にすると
小さな物でも大きな箱に入れてバラバラに
送ったりしているのに・・・・
そんなに儲かっているんだ~

CMのことはさておき、

送料を¥0にするため、
チューブ2本とリムバンドその他を購入

商品到着後、交換の前にサイズの比較をしてみます。

先ずはチューブの比較、
今回購入した「80/90-17」と「2.25/2.50-17」

IMG_5887_R.jpg

結構違いがあります!

換えて良かったです(^_^)v
安心、安心


ついでにリムバンドの比較
「2.75サイズ」と「2.50/2.25サイズ」

IMG_5888_R.jpg

当然ですが、こちらも幅広になっています(^^)
リムが1.4のままなので意味はありませんが
気分的に・・・・


それでは作業です
いつものことですが、作業に夢中になり写真はありませんm(__)m

一度チューブに空気を入れて、折り目を伸ばし
タイヤとチューブをリムに組みます。

タイヤ交換のときバルブをリムの穴に通すのが苦手です^_^;

みなさんはどのようにしてチューブを入れていますか?
オイラは
 ①タイヤの片方をリムに入れ
 ②タイヤの中にチューブを入れ
 ③バルブを穴に通し
 ④タイヤを組む
方法です
(わかりにくい説明ですね(^^ゞ )

ネットでは
 ①タイヤの片方をリムに入れ
 ②バルブを穴に通し
 ③チューブをタイヤに入れ
 ④タイヤを組む
方法もあるようです。
(もっとわかりにくい説明になりました(滝汗) )

この方法ではタイヤのビート部分が邪魔をして上手く
バルブが入らないんだけどな~ 下手なのかな~?

「バルブ通し」なる物があるようですが
使い勝手はどうなんでしょう?

苦労しながら、なんとかバルブが入り、
タイヤの軽点をバルブに合わせ組み込み完成\(^O^)/

これで、安心して乗れます♪

ん?

あれ?

ちょとまった~~ッ!

残ったリムバンドを見てみると・・・・・
2.75用が残っています(>_<)
ということは・・・・・

比較写真を撮った後
今までの「2.50用」を入れてしまったようです(T_T)

あららら~

まっイイっか!
リムは同じなんだし・・・・・・


タイヤを80/90にして1200km程走りましたが

コレはGoodです(^_^)v
轍やギャップも安心して乗り越えられるし
グリップも良いのでカーブで寝かし込んでも安心感があります(^_^)b

後輪を
 ノーマルタイヤ
 M45
 スピードライン400
と履きましたが

「IRC NR78」(80/90-17)

今までで一番良い気がします\(^O^)/

太くなった分、路面の凹凸を拾い
お尻へダイレクトに伝わるようになりました(汗)

加速と燃費も悪くなりました(汗)

凹凸を拾うことは空気圧調整で対処可能

加速については、スプロケットを
 ドライブ(F)を14丁(ノーマル)に戻し
 ドリブン(R)を1丁下げ33丁にしてみようと思います。

燃費は仕方ありません。。。。

あとは旅先でのパンクのときに
「後輪を上手く外せるか」ですね(^^ゞ

また、普段からリアBOXには予備チューブを備えているんですが
 前輪用 2.25・2.50
 後輪用 80/90・2.75
の2種類を用意しなければならなくなってしまいました(>_<)

あらら~
休日出勤の振休
都内某所へSPI(8号)の普及活動に!
今回は”押し売り”の出張取付(^^)
環7経由で向かうも田舎者のオイラには
交通量の多い都内走行はとても疲れます。
時間調整と”休憩”でマックコーヒーを!

現場に到着して早速作業開始・・・・・

・・・・・・

たいへん申し訳ございませんm(__)m
作業と会話に夢中となり写真がありません(^^ゞ

初めて”ヌード”を見ましたが・・・・
いえいえ、JA10の配線関係を見ましたが
JA07と少し違っていますねφ(.. )メモメモ
「脱いだら凄いぞ! JA10!」

既にサービスチェックカプラーから
ACCの『電源取り』をされていたのでギボシで分岐
念のためサービスチェックカプラーに近いところにヒューズを入れ
万一トラブルが起こっても
コントロールユニットがダメージを受けないよう配慮しました。
(サービスチェックカプラーはコントロールユニットに繋がっているので
 ヒューズを入れるか、バッ直&リレーによる別回路にした方が安心だと思います)

取付後は
「シフトポジションインジケーター体感ツーリング」
・・・・・

・・・・・

たいへん申し訳ございませんm(__)m
ツーリングと会話に夢中となり写真がありません(^^ゞ (^^ゞ

今回「作業」と「ツーリング」と「会話」に夢中となり
写真を一枚も撮っていませんでした^_^;

何の役にも立たない記事になってしまったので、
費用(税込み)の全容を公開

Dさんが「5000円」とか言っていましたが”ウソ”ですから~♪

JA10用SPI&中継カプラー

インジケーター部
●フラットFluxLED(赤黄緑青) 各1個 @¥700/10個
●一般整流ダイオード    1本  @¥100/20本
●スイッチングダイオード  4本  @¥100/20本 
●抵抗(1/4W・2kΩ)    4本 @¥100/100本
●ダブル平行線(0.3sq)  2m @¥50/m
●シングル線(0.3sq) 1m @¥40/m
●基盤、熱収縮チューブ、バンパーパテ、塗料、ボンド、ギボシ
※インジケーターは7セグタイプ(数字表示)が
 ¥1000程でオークションに出品されています。
 お好みでそれを購入しても良いと思いますよ♪


中継カプラー
●110型9極カプラー(デイトナ№33533)1個 @¥600
●シングル線(0.5sq) 0.3m  4本 @¥40/m
●ギボシ

ヒューズ&ホルダー
●ヒューズホルダー 1個 @¥250
●ヒューズ(適宜) 1本 @¥80
●ギボシ

その他
●汗、手間暇  @¥0
 さらに”愛情”たっぷり、てんこ盛り!(^^)

ちゃんちゃん!
シフトポジションインジケーター(SPI)ですが、
南は九州の方、北は埼玉の方にお譲りし
早くも「8号」の作製となりました\(^O^)/

JA07にお乗りの方には「マサタケさん仕様」の砲弾型
JA10にお乗りの方にはオイラ仕様のフラットFluxLED

SPI普及活動
地味に行っていますよ~(笑)

今回は
「JA10用中継カプラー」と
IMG_5924_R.jpg

「フラットFluxLED(赤黄緑青)バージョン」
IMG_5927_R.jpg
IMG_5923_R.jpg
(FC2の写真貼付はやりにくい。 縦になったり横になったり!)

を作製(^_^)v

メモφ(.. )
 一般整流ダイオード
 R・Y→各1kΩ+SWダイオード
 G・B→各2kΩ+SWダイオード

レッグカウルと左サイドカバーを外して待っててね~(^_-)



そして、そして・・・・

愚息が「夏休み」だったので
「ラジオを作りたい!」だって!

「ゲルマニウムラジオ」と
IMG_5909_R.jpg

「3石トランジスタラジオ+2石アンプ」を作り、
IMG_5881_R.jpg
IMG_5882_R.jpg

「ハンダ付けの”ハ”の字」を教えてやりました!

「ゲルマニウムラジオ」
少ないパーツで、しかも”電池無し”
こんなモノでラジオが聴けるなんて、
オイラが小さいときは
それはもう”感動”ものでした!
アンテナを水道管やカーテンレールに付けて
どこが良く聞こえるか?
なんて良くやりましたね~(^^)
コンセントに差してショートさせたこともあったっけ(^^ゞ


「3石トランジスタラジオ+2石アンプ」
「今どきトランジスタなんて・・・・」感がありますが、
ICにはない”素朴さ”があります。
ほどほどのパーツ数がエエ~ですね~
子どもの頃「マイラジオ」を持てたときは
それはもう”大興奮”\(^O^)/
兄貴の真似して深夜放送を聞こうとして
いつの間にか寝ちゃったり・・・・。

ラジオを作りながら「昭和」の思い出に浸りました♪


愚息は・・・・?



??

???

作って1週間経ちますが

作っただけでほとんど聞いちゃ~いません(--#)


将来は
「国際宇宙ステーション」のエンジニアになって(親バカ)

「ハロー こちらヒューストン」

なんて言って、
”ガッポガッポ”稼いで欲しかったんだけど

・・・・・・・

無理なようです(>_<)

やっぱり「蛙の子はカエル」でした(^^ゞ