ヘッドのバラシと洗浄、計測が終了したので
ヘッドのカーボン除去等をやってみます。

ネット情報によると
カーボンを落とす薬剤として
 サンエス メタルクリーンα
 WAKO'S リムーバ強力タイプ
 ヤマハ キャブクリーナー

などがあるようです。
カーボン落としの効果は
下段の物ほど強力らしいです!

で、
「ヤマハ キャブクリーナー(泡タイプ)」
IMG_7965_R.jpg

を購入して実施

シューッっと吹き付けてしばらく放置
その後、ブラシでゴシゴシ

おもしろいようにカーボンが落とせます
何度か繰り返して
こんな感じ!
IMG_7966_R.jpg

IMG_7967_R.jpg

IMG_7969_R.jpg

IMG_7970_R.jpg

綺麗になると嬉しいですね!

次にバルブ

バルブは燃焼室側の堆積物を
カッターで削ぎ落とします。
IMG_7972_R.jpg

次にステムにガムテープを巻き
IMG_7973_R.jpg

ドリルに取り付けて回転
IMG_7975_R.jpg

オイルを付けた耐水ペーパーで
カーボンを削り取ります。

自信が無いのでバルブシート面は
やりませんでした。
IMG_7979_R.jpg

コンパウンドとオイルを混ぜた
ウエスで仕上げ
IMG_7978_R.jpg

綺麗になりました! 
感動ものです♪

最後に
バルブの摺り合わせ
タコ棒をネットで購入
IMG_7980_R.jpg
¥1000ちょっとだったかな?

シート面にコンパウンド付けて
数回叩いて、押し回し
・・・・・
これの繰り返し
コンコン、クルッ!
コン、クルックルッ!
IMG_7981_R.jpg

少しずつ、少しずつ
摺り合わせ面が出来てきます
IMG_7984_R.jpg
IMG_7987_R.jpg

楽しいかも?
いやッ、楽しい!

1時間くらいはやったでしょうか?
仕上がりはこんな感じ
IMG_7993_R.jpg

この程度で良いのかは
素人には分かりませんが、

削り過ぎも良くないかも知れないので
いったん終了!


続いて
ベアリングが”取れた”カムシャフト
モノタロウで同一のベアリングを購入
因みに
NSK 6001Z ¥266
でした。
IMG_8093_R.jpg

IMG_8078_R.jpg

新品ベアリングを打ち込もうとしたら
デコンプレッサカムの
ローラーとスプリングが
飛び出てきて、じゃじゃじゃじゃ~ん!
IMG_8079_R.jpg

IMG_8080_R.jpg

かなり焦りました

一方向にしか回らない仕組みとして
このような構造になっているんですね
他に
遠心クラッチアウターや
フライホイールなど
同様の構造になっていました。
IMG_8081_R.jpg

良くできています!

ローラーとスプリングが飛び出さないように
間に挟まっているワッシャーで
押さえながら打ち込んで完成
IMG_8082_R.jpg

IMG_8083_R.jpg

苦労しました!

JA07の場合
カムシャフトはASSYで交換するようです

ヘッドを組み上げられるかな?