熱膨張による
「ベアリングの挿入」
に失敗して、次なる作戦・・・・・

ロングナットとボルト、パイプを使用して
「特殊工具自作」と思ったら・・・・・、
インストーラー
(Amazonさんから画像を拝借)

クランクシャフトのネジ径が
IMG_9245.jpg

メートルでもインチでもない
しかもピッチが特殊?

そのため適合する
ナットが見つからず
「特殊工具自作」は
敢え無く失敗


次は・・・・

本来はクランクシャフトを
専用工具にて引っ張ることで
ベアリングを圧入する訳ですが

それが出来ないので、
叩き入れることにします。

ただ、普通に
クランクシャフトを立てた
状態で叩いたのでは
コンロッド大端部に
負荷が掛かり芯がずれる?
歪む?ことになってしまいます。

で、
コンロッドにストレスを与えない方法は?
と考えました。

それが、これ↓
台をコの字型に配置
IMG_9238.jpg

その上にベニヤ板を置き
IMG_9239.jpg

クランクの隙間にベニアを入れる
IMG_9242.jpg

ベアリングのインナー部を
塩ビパイプを介して打ち込み
IMG_9240.jpg

この方法なら
コンロッドにストレスを与えずに
出来るのでは???

上手くいくかは分かりません

作業開始

恐る恐るゴムハンで
優しく叩きますが

効き目が無く
ハンマーに持ち替えます

そして、
力任せに叩き入れます

ベニヤも割れるくらい…>_<…

最後の方は
塩ビパイプでは力が伝わらず
鉄パイプに変更

ガン、ガン、ガン!

なんとか
「ベアリング打入」完了
IMG_9243.jpg

ちょっと入り込み過ぎた感はありますが
ベアリングも回るし、ガタもなさそう
コンロッド大端部のガタや
違和感も無いようです(^^)

クランクベアリング交換終了です!

クランクケースを100℃に温め
クランクを挿入して完了!
IMG_9246.jpg

ヤレヤレ・・・・


このベアリング挿入方法は
芯がずれるなど、
クランクにダメージがあるかも知れません。

「クランクベアリング交換」は
オイラのような素人には
ハードルが高すぎでした


もともと、このJA07MDエンジン
クランクケースが掛けているなどの
ジャンク品だったので
今回のような大胆なことが出来ました。

現在乗っているJA07コスタでは
ここまでは出来なかったと思います。

愛車のオーバーホールで
この記事をご覧になっている方は
参考にしないでくださいね(^^ゞ

もし、どうしても
クランクベアリングを交換
しなければならないときは
専用工具を使用するか

「内燃機屋さん」など
プロにお任せすることを
強くお勧めいたします。

また、左側のベアリングは
外側にタイミングスプロケット
が付いているため
交換は出来ません。


出来たとしても
タイミングスプロケットが
微妙にズレて
バルブタイミングが
合わなくなる可能性があります

そこまでダメージがあったら
クランクシャフトごと
交換した方が良いと思います。

クランクシャフトCOMP ¥25000くらい?
ベアリング ¥1300くらい
別途ベアリング圧入工賃
たぶん
合計で¥30,000くらい?
ではないでしょうか?

~熱膨張による挿入について~
クランクケースなどのアルミ材に
ベアリングを入れるときは
熱膨張は有効です!

アルミは熱膨張率が高いので
100~120℃に温めれば
簡単に入れられます。

しかし、
クランクシャフトのような特殊鋼?や
ベアリングなどのステンレス?
は熱膨張率があまり高くないので
なかなか難しいと感じました!
今回ベアリングを150℃に温めても
入りませんでした。
かと言って
バーナーで炙るのも
リスキーだと思います。
半ばヤケクソで取り外した
”クランクベアリング”

圧入には「インストーラー」なる
専用工具が必要らしいです!

ネットをみると
¥3000~¥8000くらいで買えるようですが・・・・

もともと貧乏なうえに
これ以上は専用工具は買えません
がまん、がまん!


ネットを徘徊していると
熱膨張を利用して挿入できるとか???

うまくすれば専用工具なしで
ベアリング挿入出来るかも?

淡い期待を抱きつつ実行!

サービスマニュアルでは
クランクケースにベアリングを入れて
その後クランクを圧入するようです。

では、では・・・・
クランクケースを大型電熱器に入れて
120℃に加熱

ベアリングは冷凍庫で冷却
刻印側を上に向けて
ベアリング挿入!

”カラン”と音を立てて
簡単に挿入完了!
IMG_9234.jpg

楽勝じゃん(^^)

続いて
さらにクランクケースを120℃に加熱
クランクは冷凍庫で冷却

で、ベアリング挿入!

????

????

途中で止まりました(汗)

押しても入りません
クランクシャフトを叩くわけにはいかないし・・・・

引いてみました

ベアリングごと抜けました(滝汗)
IMG_9236.jpg

にっちもさっちもいかないので
セパレーター使ってベアリング抜きました(>_<)ゞ
(この時点でベアリングの再使用は”不可”となります)

ベアリングの加熱が弱かった?

今度はYoutubeにあるように
バーナーで炙ります
IMG_9237.jpg

熱いうちにクランクシャフトへ挿入!

途中で止まりました(汗)

またまたセパレーター使ってベアリング抜きました
(完全にアウト!)

ベアリング
ゴリゴリしてきました!
ガタはないけどボールが歪んだのかな?

ち~ん
振り出しに戻ります

さてさて
どうしましょうか?

首まで泥沼にハマッタ感じです(◎-◎;)

つづく?
クランクベアリングのガタ?
あるような?
ないような?

新品ベアリングと比べると
やっぱり、あるような????

このままクランクをケースに戻すか・・・・
とも考えたのですが、

新品ベアリングもあることなので

クランクベアリング交換
挑戦してみましょう!

で、取り外しには
専用工具が必要らしいので
買っちゃいました
「ベアリングセパレーター」
IMG_9219.jpg

ベアリングとクランクの隙間に
このセパレーターを噛ませ
センターボルトを締め付けていけば
ベアリングが外せるそうですが・・・・・
IMG_9220.jpg

JA07のクランクは
外側がやや盛り上がっており
セパレーターがベアリングの隙間に入りません。
IMG_9229.jpg

どうしよう????

で、ベアリングのアウターをグラインダーで削り
そこにセパレーターを噛ましてみることにします。
IMG_9222.jpg


そして、センターボルトを使って
引き抜くわけですが・・・・・

・・・・・・

ベアリングアウター
割れました!
(一応、想定内です)

ここまで来たら
ヤケクソです!

アウターとボールを
グラインダーで削り落とします
IMG_9231.jpg

で、ベアリングインナーをセパレーターで
ホールドして
センターボルト締め付けていきます
IMG_9224.jpg

ハイ!
ベアリングインナー外せました
IMG_9225.jpg

IMG_9227.jpg

さて、この先どうしよう????

なんだか”底なし沼”に
はまっていくような気がします(◎-◎;)
週末
子どもたちは部活
カミさんはPTAの集まり
束の間のフリータイム(^^)

洗濯、草むしりなど家用を片づけ
鳥撮りへGo!

いつものフィールドで

用水路の”サギグループ”
DSCN0627_R.jpg

休耕田では
DSCN0652_R.jpg

コチドリに混ざり
DSCN0738 000_R

DSCN0683 000_R

DSCN0797 000_R

ヒバリシギ(左)とコチドリ
DSCN0662 kotihibari_R

トウネン(左)とコチドリ
DSCN0659 kotitounen_R

ヒバリシギ(上)とトウネン(下)
DSCN0727 tounennhibari_R


トウネン
DSCN0783 000_R

DSCN0812 000_R

DSCN0826 000_R

DSCN0838 000_R

DSCN0851 000_R


ヒバリシギ
DSCN0743 000_R

特徴の背中のV字模様
DSCN0907_R.jpg

アメリカザリガニも偵察
DSCN0761 000_R
撮影時には気が付かなかったけど
PCで画像を見たら
”マッカチン”が居た\(◎o◎)/!

コチドリ 16cm
トウネン 15cm
ヒバリシギ 14.5cm

大きさを比べるために
同じ画像に入れてみたけど
コチが僅かに大きいんだ~!
ヒバリかと思っていました(^^ゞ

まだまだ残暑が厳しいです
11時に出発
往復1時間半
鳥見1時間半
僅か3時間でフラフラ~(◎-◎;)


マニアックな記事なので
コメント欄 閉じています(^^ゞ
今回は通勤途中・・・・

前日の「レンカク」が
ハスの葉の陰になってしまったので
リベンジ

6時15分頃 現着
先着のCMさんにお聞きすると
「5時から来ているけど
    まだ姿を見ていない」
とのこと・・・・・
”抜けた”かな???

しばらく待ってはみたものの
時間に限りがあるので
他の被写体を探すことに!

セイタカシギ
DSCN0557.jpg

足がポッキーみたいで
すぐ折れてしまいそう

カイツブリ親子
DSCN0581 000

こちらは独身?
DSCN0594.jpg

カワセミ
DSCN0587.jpg
ここでの食事はエビが多いようです

ハス
DSCN0543.jpg

DSCN0603.jpg

帰り際に
ヒマワリ畑
DSCN0610 000

静かな水面
DSCN0614.jpg

カメラは奥が深いですね!