自宅からバイクで30分くらいのところで
「アカハジロ情報」

早速カブで出動

現着するも顔を横に向けて
殆ど休んでばかり
DSC_2176_R.jpg

暇なので他のカモを撮って修行

ホシハジロ
DSC_1902 (2)_R
ちょっと逆光ぎみ

ヨシガモ
DSC_2044 (2)_R
ナポレオンのような頭の羽が特徴
光の当たり方によって
顔の緑色が鮮やかに!

オカヨシガモ
DSC_2119 (2)_R

ミコアイサ♀
DSC_2214 (2)_R

♂はパンダガモとして人気者ですが
♀だって愛嬌のある顔が可愛い♪

潜水
DSC_2392_R.jpg

DSC_2393_R.jpg


ときどきアカハジロが顔を上げたときには
シャカシャカ・・・・・シャカシャカと
嵐のようなシャッター音
DSC_2036 (2)_R

DSC_2375 (2)_R

DSC_1968 (2)_R

みなさん”病気”です(爆)
(僕もその一人)

キンクロハジロの
顔の色と目の色の違い
DSC_2177 (2)_R


ときどきカワセミも出てくるので
隣のキヤノン1D+600? 800?mmの方と
ダイブのチャンスを狙う

「カワセミ来ましたよ!」
DSC_2234 (2)_R

しかし、カワセミに気を取られていると

アカハジロが顔を上げてチャンスを逃し

「うッ、やられた!」と
和気藹々と修行?に励む(笑)

僅か2時間ほどでしたが
楽しいひとときを過ごせました
”死ぬまでに一度は見てみたい”
と思っていた
「ヤツガシラ」

2年ほど前に所沢に来たり
旅鳥としてときどき日本に来るようですが、

今回は自宅から2時間ほどのところに来ているらしい。
ってことで、早速行ってみました。

愛嬌のある顔
DSC_1658_R.jpg

上空をきにして
DSC_1712_R.jpg

特徴的な冠羽
DSC_1713 (2)_R
驚くと冠羽を広げます

相変わらずピント合わせが下手
(フォーカスポイント21点)

被写体ブレもあるのかな?

突然飛び出し
DSC_1722_R.jpg
追いつけないし・・・・

次に
コミミズク狙いで別の場所へ

途中の木に、ノスリが!
DSC_1753_R.jpg
露出がイマイチ

コミミズクは
3時間待ってやっと出てきたけど・・・・
DSC_1844 (2)_R

遠い~~
DSC_1860 (2)_R

コントラストがはっきりせず
周囲と迷っている感じ

DSC_1874 (2)_R
折角こっちを見ているのに
ピントが~ッ!

まだまだ修行が足りません
近いうちにリベンジしたいと思います。


ヤツガシラポイントでは
松戸のニコン機さんにいろいろ教えて頂きました

コミミポイントでは
神奈川の方に撮影場所など詳しく教えて頂きました

先輩の方々、地元の方々
お世話になりましたm(__)m
2017.02.15 一瞬を!
超望遠コンデジの
「COOLPIX P900」は
とても楽しいカメラでしたが
いくつか不満点もありました。

その一つが
・連射ができない
カタログでは 7コマ/秒
なんてありますが

実際は
3コマ連射モードにすると
次にシャッターを押せるまで
3秒くらい待ちます。
動きの速い野鳥では
居なくなっていることもしばしば(>_<)

・シャッタースピードが遅い!
設定にもよると思いますが
望遠側にするとSSが遅くなり
動きの速い野鳥ではブレまくり(×_×)
”翼を止める”
なんて夢の話し


最初のうちは
「止まっている野鳥が撮れれば良いかな?」
くらいに思っていたけど

翼を持った野鳥
折角なら羽を広げている
一瞬を撮ってみたくなってきました。

で、デジ一デビューして
目下 修行中

Sモードで
SSを1/1000~1/2000に設定
F値とISO感度で調整
画質が荒くなるので
ISOは上限を1600

三脚使用&置きピンで
ひたすら連射

修行のお相手は
ルリビ雄(るりびお)

彼はちょっと根暗な性格
普段は藪などの薄暗いところに居て
たまに明るいところに出てくる
ハニカミ屋

SS上げるには
ISO感度を上げないと・・・・
あまり上げすぎると
画像が荒れるし・・・・

約500枚撮って
”数枚”がまあまあの出来
(歩留まり悪すぎです)

DSC_0805 (4)_R

DSC_0777 (2)_R

5コマ/秒の3枚
DSC_0738_R.jpg

DSC_0739_R.jpg

DSC_0740_R.jpg

この2倍は欲しいところ

1.3×クロップ
JPEGなら
7コマ/秒


立ち木から
フレームまでの間に
あと1~2コマあると良いよね♪

もっと速い連射が欲しくなります。

DSC_0826 (2)_R

ニコンD500やキヤノン7DⅡが
大人気なのも納得
どちらも10コマ/秒

もっと高速連射もありますが
お高い!

コスパ的には
D7200はGoodです(^_-)


頭上でエナガが鳴いていたので
三脚からカメラを外し”手持ち”
DSC_0911 (2)_R
ピントが甘いですが
偶然の一枚

サンゴ師匠のように
”手持ち”で
”飛びもの”を
撮れるようになりたいです。

”修行”あるのみ!
とうとう”沼”にハマりました!

ボディ Nikon D7200
レンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

「初売り特価」
「キャッシュバックキャンペーン」
「金利手数料0%」
に釣られ
カブの買い替え貯金を頭金に
ローンで購入です(◎-◎;)

家族からは
「バカじゃないのッ!」
と呆れられています(^^ゞ

で、目下 修行中でありまして
”没写真”ばかり量産しています。

最初のモデルは
「アネハヅル」
DSC_0041_R.jpg

DSC_0054_R.jpg

”ヒマラヤを越えるツル”
として有名なんですが
なぜか茨城県に
迷って来てしまったようです。

秋ヶ瀬にもほんの一瞬
立ち寄ったそうですが
同じ個体かどうかは????

体長も大きく、
のんびり歩くので
修行にはうってつけのモデルさん!

それでも、
スイッチがたくさんありすぎて
ワケワカメ・・・・・

カメラ操作に慣れず
フォーカスロック、
フォーカスエリア選択など
試行錯誤の連続

ピントがあまいモノがあったり
反省することがたくさんあります。

その後はマイフィールド(MF)で
三脚使って小鳥撮影の修行
取り敢えず
”Aモード”で撮影

「ルリビタキ♂」
DSC_0234_R.jpg

DSC_0242 (2)_R

すぐにピントが合ってくれます
”腕をカバーするのは機材だな”と実感

(後に機材のパフォーマンスを引き出すのは
 ”腕”であることも実感しますが・・・・)


次に”手持ち撮影”の修行

望遠レンズ+ボディ=約3kg

ダンベル持ってウオーキング?
って感じです!
これがけっこう良い運動になります^_^;

茶碗より重い物を持ったことのない
ヘタレな僕には厳しい修行です^_^;

地面の
「ルリビタキ♂若or♀」
DSC_0546_R.jpg

枝の
「シロハラ」
DSC_0578_R.jpg

上空の
「ノスリ」
DSC_0495 (2)_R

疲れているときに
3kgの機材を振り上げて
頭上の鳥を撮るのって
けっこう大変なんですね~(^^ゞ

イナバウワーの様に仰け反って
シャッターを切るときは息止めて・・・・・
・・・・・・・・(◎-◎;)ゼ-ゼ-エ

ちょこっとダンベル&ウオーキング
しただけで良い運動になりました♪

ポンコツおやじの運動不足解消と
ボケ防止にはちょうど良いかも・・・・


そんなこんなで
  写真道 修行中


これからも精進してまいりますm(__)m