この記事は4年前にハイエースバンの荷室に
ベッドを自作したときの備忘録です
(材料費・消費税は当時の金額です)

ハイエースのベッドキットは各社から
数万円~十万円以上のものまで
様々な種類が販売されています。

形状も木枠タイプやフレームタイプ
リクライニング機構付きなど種類も豊富です。

ただ、「良いな~!」と思う物は
やはりそれなりの金額がしてしまいす。

そこで、自分の用途に合わせた物を
DIYで作成することにしました。

作成にあたっての条件
・走行充電&サブバッテリー用の収納スペースを設ける
・ギャレー(コンロやシンク)などは省きベッド展開のみ
・ベッド上の高さ&ベッド下の高さのバランス
・クッション性がそこそこあり、翌日に疲れが残らないこと
・カバーなどを着け、それなりに見栄え良く
・金額は市販品のベッドより安く抑える
などをDIYのコンセプトとしました。

ベース車両 
我が家のハイエースは
 ハイエース バン(貨物・4ナンバー)
 スーパーGL ガソリン2000cc(1TR-FE)

ベッドの高さを考える
 カタログ値では荷室高が1320mmとなっています
 ベッド下収納の高さを多くすると
 ベッド上のヘッドクリアランスが狭くなり
 その逆だとベッド下収納が低くなり
 クーラーBOXなど高さのある荷物が入らなくなってしまいます
 そこで、ベッドマット上の高さを900mm確保すれば
 170cmのオイラが座ってもルーフに頭がぶつからなく
 ベッド下収納も340mm確保できました
 この高さが絶妙な高さだでした。

床材
 床のベースは既製品(Craft SG製)を購入しましたが
 その後、それから型を取り15mmのベニヤでフロアを作成しました

ベッド枠(土台・立て板)
 15mmのランバーコア材を340mm幅にカット
 ベッドの基礎となる部分なのでホームセンターで切り出して貰いました。
1715907224_150.jpg
 
ベッド枠の塗装
 ハイエースの外装がブラック、内装がダークグレーなので
 黒に塗装(やっぱり汚れが目立ちちょっと後悔)
 でもランバー材そのままより少しは高級感が出たような???

ベッドの板(棚の天板)
 大人が4人座ってもたわんだりしないよう
 18mmのランバーコア材を使用しました。
 両サイドは複雑な形なので切り出しに一苦労
 ジグソーで切っては車にフィッティング
 切ってはフィッティングの繰り返し
 中央部は900×600mmを3枚
 一枚はテーブルにもなるよう折り畳み脚を付けました
1716477368_17.jpg

運転席側収納(電装類用の棚)
 右側収納は22*180cmの収納(電装系)
 タイヤハウス部分なので棚を作りフラット化
 インバーター、走行充電器、ヒューズBOX、各端子
 電流計用の分流器を設置
1716477368_227.jpg

助手席側収納
 左側収納は33*130cmの収納
 こちら側は棚を作らず全て収納に
 扇風機、DCシャワー、DC電気毛布、三角停止板、ポリタンク
 その他キャンプ用品が入っています。

ベッド展開すると
 横150cm 縦180cmのベッドになります!
1716477368_251.jpg

ベッド下は 
 中央は91*180の大収納
 キャンプ道具、遊び道具etcの大物・長尺物が収納出来ます


費用
ベッド台座部
ランバーコア合板1820*910*18 \2,680 3枚 \8,040
ランバーコア合板1820*910*15 \2,480 1枚 \2,480
水性ペンキ              \1,780 1缶 \1,780
アルミ角材                \878 3本 \2,634
金具類                \1,000 1S  \1,000
コーススレッド                \100 2袋   \200
タッピングビス                \100 2袋   \200
                         合計 \16,334
関連記事