今回も眠くなる内容ですので、興味のない方はスルーしてくださいネ(^_-)
 
カブ(JA07)からのDC(+)電源を取る方法の一例として
「バッ直」「ヒューズ」「リレー」
を使った別回路作成の紹介をしました
今回はそのリレーのスイッチ配線(エーモン1245では「青線」)
を繋げる場所を探してみました
リレースイッチを動かす「青線」の電流は僅かですので細い線でOK
車両本体の配線に負荷は殆ど掛かりません
 
サービスマニュアルの回路図を見てみると
「黒線」がキーONで電流が流れる電装品の配線のようです
では、それはどこか・・・・
先日の
 ・フロントブレーキライトスイッチの他に
 ・リアブレーキライトスイッチ
 ・ウインカーリレー
 ・スタータースイッチ
 ・ホーンスイッチ
 ・ニュートラルインジケーターライト
 ・燃料計
などがあるようです
 
その中で配線の取りやすい場所として
これらを束ねた線がレッグシールドを外したココ

 
白い6Pカプラーにあります

 

「ピンク線」の上にある「黒線」
 

 
そこへ「カプラー用オス端子」を取り付けた配線を押し込み

写真では「端子」しか刺していませんが、
リード線を圧着したモノを差し込んでください
自己誘着テープで固定すればOKかと・・・・。
ただ、圧着はしていないので緩んだりしないよう注意が必要です
(発熱やショートの危険に要注意!)
 
「黒線」の他に
サービスチェックカプラーの「黒/青線」もいけそうですが
「黒/青線」は
 ・メインスイッチ
 ・エンジンコントロールユニット
 ・インジェクタ
 ・イグニッションコイル
 ・フューエルポンプ
 ・パワーリレー
エンジンに関わる「重要部品」に使われていまので
十分に注意してくださいネ
 
今回ご紹介した方法が絶対に安心・安全・確実かはわかりません
ご自身で確かめた上で作業を行ってください
この記事を参考にされて不具合が生じても
責任は負えませんのでご了承くださいね~m(__)m
 
これでカブの電気のはなしは
お・し・ま・い (^^)
 
おつかれさまでした (^O^)/
 
どうですか?
やっぱり眠くなっちゃったかな? (-_-)zzz
 
 
一応、ランキングに参加しています。
”気が向いたら”
一日一回 応援クリックしてくれると嬉しいです!
http://bike.blogmura.com/cub/ ←ブログ村カブ系
http://travel.blogmura.com/shachuhaku/ ←ブログ村車中泊の旅
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://noracub.blog.fc2.com/tb.php/62-b254456b