さて、インジケーターの作成が完了しましたので
「取付編」です
オイラのは丸目110=JA07 です、
今回は現行カブ110=JA10 に取り付けるための記事なので
憶測や確認不足がかなりあると思います
 
JA10 現行カブ110や現行カブ110プロにお乗りの方が
実車でシフトポジションインジケーターの取付説明を
されていますので、是非そちらもご参考になさってください
「カブ インジケーター カプラー」
「カブ JA10 インジケーター」
などで検索すると見つかります
 
作業の際はテスターなどで確認しながら行ってくださいませ~
「エンジン掛けたら、火を噴いた~」
なんてシャレになりませんから~\(◎o◎)/!
 
チェンジスイッチ9極カプラー
JA10はチェンジスイッチにインジケーター用の配線が付いています
しかし、使用しているのはニュートラルだけ
メス側のカプラーには真ん中に1本しか端子が出ていません
なので、下のような中継用のカプラーを作成します

 
材料
110型9極カプラー
 DAYTONA №33533 ¥550~¥600 
 Amazonやバイクショップで売っています

配線 
 0.5sq 30cm ¥30~50/m 
 ホームセンターなど
 
配線色・配置
コレ ↓ (実車でご確認ください)


1速 → 黄に赤線
2速 → 紺に黒線
3速 → 白に紺線
4速 → ピンク
N  → 薄青に赤線
テスターで確認してくださいネ(^_-)
チェンジスイッチ側が(-)なのでテスターの(-)を当て
テスターの(+)はバッテリー(+)端子に当ててください
中継用カプラーを接続したらテスターで再確認
チェンジスイッチ側の配線と中継カプラーの配線を
ギボシや4極カプラー等で接続
 
インジケーター(+)接続
次にインジケーターの(+)配線の接続です
これにはいくつかの方法があります
 
A、フロントブレーキスイッチ
 ハンドルカバーを開けるとフロントブレーキスイッチのギボシがある
 (と思います(未確認))
 黒色配線がキーONにするとDC電流が流れます
 コレを分岐してそこからDC(+)を取る方法
 
B、ニュートラルランプ配線
 メーター裏にあるニュートラルランプの配線(+)「黒色」から
 電源取り出しコネクターを使う方法
 
C、サービスチェックカプラー
 バッテリー前にあるサービスチェックカプラー(赤色)から
 キーONで電流が流れる端子に接続する方法
 
今回は「C」のサービスチェックカプラーから(+)電源を取る方法です
 (ただ、この方法には心配も・・・・それは後ほど)
 
・レッグカウル、センターカバー等を外します
 (かなりのトルクで締め付けてあることがあります。
  先日はドライバーでは回せず取付を諦めました(T_T)
  ネジをなめないように気を付けてくださいネ)
・バッテリー付近(+と-端子の間)のサービスチェックカプラー(赤色4極)を
 引き出します。

 
・下側のロックをマイナスドライバーで解除しながらカバーを取ります
 (左右にあるロックは関係ありません)

 
・4極あるのでテスターを使ってキーONでDC+が流れる端子を捜索

 
・カプラー用端子♂を圧着したヒューズ(1アンペア程度)を接続

 

 
・ヒューズにインジケーター配線(+)を接続
・サービスカプラーのキャップは出来なくなりますので
 自己融着テープやビニールテープで防水と固定をしてください

 
・元に戻して終了です(^_^)v
 
いくつかのブログを拝見すると
この方法でDC(+)を取られている方がいらっしゃるので、
おそらく問題はなく大丈夫だと思います
 
しかし「JA07」の配線図を見てみると
サービスチェックカプラーからエンジンコントロールユニットに繋がっています
万が一、雨などによりショートした場合
最悪エンジンコントロールユニットへダメージを与えてしまう
可能性がある
かも知れません
(当方、電気やバイクに詳しくないのでよくわかりません)
 
なので、念のため途中に「ヒューズ(1アンペア程度)」
を入れておいた方が良いと思います(^_-)
(もし間違っていましたら”優しく”ご指摘・ご指導くださいませ♪)
 
次回は丸目110(JA07)への取付方法です(^^)

 
一応、ランキングに参加しています。
”気が向いたら”
一日一回 応援クリックしてくれると嬉しいです!
http://bike.blogmura.com/cub/ ←ブログ村カブ系
http://travel.blogmura.com/shachuhaku/ ←ブログ村車中泊の旅
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://noracub.blog.fc2.com/tb.php/66-7f015eac